NURO光に乗り換えてみたら噂通りスゴかった

我が家ではもともとはフレッツ光(ビッ○ローブ光)を使っていて、特に問題もなく快適に使用しておりました。

が、コロナで在宅勤務や遠隔学習が増えたせいでしょうか、ものすごく回線のスピードが出なく、ビデオ会議はもちろんできず、ちょっとしたサイズのデータダウンロードなどにも苛立ちを感じるスピードの時間帯が増えていました(DNSの不具合もあったそうですが)。

元来「フレッツ光」とはNTTの光回線を使用しているサービスで、一番普及しているため「回線が混む」というのが一番起きやすいサービスかと思われます。高層マンション郡が近くにモリモリあるので、混まない道理も無いように思います。

NURO光の場合はNTTの光回線網の余剰分で使っていない部分を利用するので、フレッツ光とは別のルートとなるようです。

また、回線を乗り換えると結構な特典やキャッシュバックがもらえたりするので、定期的に見直すのはオトクな事でもあります。

なぜNURO光にしたか

これは単純に回線に対する契約者数がフレッツより少なそうでスピードが出そうだから、という理由です。

契約者数が少なそうという推測は、ついこの間(半年くらいかな?)までNUROの回線が来ていなかったというのもあります。

まだ全国どこでも、というサービスではないので検討しようと思っている方は、まずは住所で検索してみましょう。

それに加えて、契約したのは下り最大2Gbpsの一般的なコースでしたが、最大6Gbps10Gbpsなんていう超高速サービスもあるので、ゆくゆくはそんな夢のような環境で..なんて考えもあったりします。

実際のスピードはどうでしょうか

肝心の回線スピードは実際どんな感じかというところですが、グーグルのスピードテストで試してみたところ、こんな感じです。

従来のフレッツ光(5/22 PM4時)

 

 

何回か試しましたがこのくらいでした。だいたいいつもこのくらいです。正直問題ないスピードです。

UHD画質のネトフリをバリバリ観る推奨環境にはちょっと足りないくらいのレベルです。

でも今更ですが、下り最大1Gbpsを謳っておいてこれはないでしょ、という気持ちもあります。

 

さて。

 

NURO光の結果はこちらです。(同時刻にケーブルを差し替えて計測)

NURO光 (5/22 PM4時)

!!!

これはヤバい!!

何をするにもネット回線のスピードを気にすることがまったくない!!

200MBが数秒でダウンロードできました..なんだこりゃ

※速度テストは有線で計測したものです。Wi-Fiで飛ばすと5GHzで 350Mbps程度でした(それでも速い)

 

開通までの流れは?

開通までには少し時間がかかります。

プロバイダだけの乗り換えだと、終端装置の取替えのみのようなかんたんなものですが、別のケーブルのため工事が必要です(2回)。

オフィシャルには開通まで12ヶ月となっていますが、時期地域にもよると思いますが、私の場合は24日でした(こまかい)。

まず、WEBで申し込みをして、1回目の工事の日取りを決めます。これは屋内配線のみの工事でコンセントのような光ケーブル用のコネクタを壁に取り付けたりする工事です。

1回目の工事が終わったあと、2回目の工事の日取りを決めます。これは屋外の工事で、電線からケーブルを引き込む工事です。

どちらも1時間かからずササッと終わりました。

ちょっと気になるところ

光回線の終端装置(ONU)が無線ルーター機能の兼ねていて、ここから出るWi-Fiだと速度がいまいち出ないという謎現象がありました(それでも100Mbpsオーバーですが)。

なのでブリッジモードで今まで使っていたWi-Fiルーターを使って、そちらの電波をつかうようにしています。

あと、取説があまり親切ではないので(ファーウェイ製だし)、まっさらデフォルトで使うのなら問題ないですが、ちょっと設定を変えて使用するには色々調べたりが必要かもしれません。

まとめ

回線ごと引越し(フレッツとは別ネットワーク)ということで、多少時間がかかってしまいますが、それに見合う爆速が手に入れられました。

NURO光、ぜひオススメです!