フリーランスの「持続化給付金」の支給要件・必要手順【かんたん版】

本記事はものすごく端折っていますので、詳しくは経産省の専用ページを参照して下さい

経済産業省から、新型コロナウイルスによるフリーランスへの影響を緩和し再起への糧とするため、事業全般に広く使える「持続化給付金」という施策がはじまります。

令和2年度補正予算案が成立し次第、速やかに受付がはじまるとの速報が27日に発表され、手続き等の「速報版」が出ましたので、噛み砕いて見てみたいと思います。

※30日補正予算が成立しました(2020/04/30追記)

また、自分の事含め、この記事はフリーランスの方向けです。本文中の事業主=個人事業主・フリーランスの意味とします。

企業の方は別途経産省WEBで確認してください。

某党の方々はせめて今は速やかに補正予算成立を目指す質問をしてほしいものです(久しぶりに国会中継見た)

持続化給付金の対象者

  1. 2019年以前から事業収入があり、事業を継続する意思がある事業主
  2. 今年1月以降、前年同月比で事業収入が50%以上減った月がある事業主(収入が半減した人)

持続化給付金の給付額

給付される額は100万円までです(但し前年からの売上減少分を上限とする)。

計算式は【前年の総売上(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月) 】です。

例)
2019年:3月の売上 30万円 / 年間売上 400万円
2020 : 3月の売上 13万円
400(13×12)=244

上限は100万円なので100万円支給と予想されます。


準備する書類・事柄

  1. 持続化給付金ホームページでオンライン登録(補正予算成立翌日にオープン)
    ※30日補正予算成立(2020/04/30追記)
  2. 確定申告書 第1※追記  e-taxの場合、送信完了のメッセージ(e-tax内の)などのスクショが必要なようです
  3. 所得税青色申告決算書(白色の人は不要)
  4. 50%以上減った月の売上台帳等
  5. 通帳の表紙と表紙裏の見開き面の写真やスキャン画像
  6. 身分証明書(免許証など)の写真やスキャン画像

 

①は開設がされていないので①以外は準備しておけるので、申請予定の方は準備しておきましょう。

②については「収受日付印」が押されているものとあるのですが、それは税務署提出してるのでは..という声多数なのでここは変わるかもしれません。また、e-taxの場合は「e-Taxを通じて申告を行っている場合、これに相当するものを提出して下さい。」となっており、こちらも曖昧ですが、PDF書き出しデータかなと思われます。※2020/05/01追記  e-taxの場合は e-taxの送信完了の際送られてくるe-tax内のメッセージなどのスクショが必要なようです

③は決算書のうち「損益計算書」と「月別売上(収入)金額及び仕入れ金額」から始まる用紙の2枚です。

④の売上台帳ですが、今の所「経理ソフトから抽出した売上データ」「エクセルで作成した売上データ」「手書きの売上帳のコピー」が例として上がっていますので、きちんと売上をつけている売上表であれば書式などは柔軟なようです。

②〜⑥が準備ができたら「持続化給付金ホームページ」の開設を待つのみです。
※2020/05/01追記  開設されました→ https://www.jizokuka-kyufu.jp/


準備できるものは用意しておきましょう

おそらく今回の新型コロナウイルスでは相当数の方がダメージを受けているかと思われます。申請は接触防止のためオンラインが原則となっていますので、いざ開始となったらサーバーダウンが起きたり、支給まで時間がかかったりすると思われるので、準備万端整えておいてはやめに申請することをおすすめします。

繰り返しになりますが、本記事はものすごく端折っていますので、詳しくは経済産業省の専用ページを参照して下さいね(https://www.meti.go.jp/covid-19/)