【コロナ給付金】マイナポータルによるオンライン申請の予行してみた

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金(仮称)が実施されることが決まり、概要が発表されました。

いわゆる1人につき10万円の給付するよ、という緊急経済対策です。

発表された概要によると、自治体からお知らせが来て、「郵送返信」か「マイナポータルによるオンライン申請」する形の予定のようです。

今回のエントリーは「マイナポータルによるオンライン申請(要マイナンバーカード)」の予行練習してみたよ!という記事になりますので、マイナンバーカードが無い方や郵送でいいやと思っている方へは参考にならない記事となります。

※2020/05/01追記
必要なパスワードですが、e-taxなどで使う4桁のものではなく、「署名用電子証明書用暗証番号』で、マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取った際に利用者様自身が設定した英数字6~16ケタの暗証番号です。5回間違えるとロックされるのでご注意ください。

あと必要なモノとして受け取り口座が確認できる画像データが必要です(通帳の1ページ目など)

マイナポータルとは?

マイナポータルとは、マイナンバーカードのICチップで個人認証してログインするポータルサイトで、行政サービス・税金等の申請や支払い、各種書類の受け取りなどの、役所等に行かないとできなかったことがこのマイナポータルでできます。

現状は各自治体によってできることとできないことの差が激しいです。

例えば23区でいうと港区ではかなりのサービスがマイナポータルで表示されますが、新宿区ではほんの少しだったりします。(新宿区に限らずほとんどこんな感じです)

電子申請に前向きな数少ない自治体に住んでいない限り、縁も必要性もないのでマイナポータル自体認知も薄い状況です。

私も開始した当初に一度ログインして「こりゃ使えるレベルじゃないな」とそれ以来ログインはしていません。。

余談ですが、マイナポータルは20171月から運用予定とアナウンスされていたものが、延期になり20177月から試験運用、11月から本稼働というズルズルなスケジュールになったので、今回ももしかしたら..,と思わされてしまう部分もあります。


■PC(Win/Mac)でマイナポータルへログインする方法

PCでのログインで必要なもの・準備

  1. マイナンバーカード
  2. ICカードリーダー
  3. 対応しているOS
  4. 対応しているブラウザ
  5. 各ブラウザごとの「マイナポータルAP」インストール
  6. Chromeのみ「マイナポータルAP」拡張のインストール


パソコンを使ってマイナポータルへログインする場合、カードリーダーが必要となります。

カードリーダーは対応表がありますが、私は表に載ってない「普通に読み書きできる安いヤツ」でもログインできましたので、ICカードリーダーであれば問題ないかと思います。

次に、PC本体の必要環境として Windows8.1以上で、MacHigh Sierra以上。

ブラウザは「Chrome」、「Firefox」、Windowsのみ「Edge」と「Internet Explorer11」。MacOSでは「Safari」となっています。

詳しくはオフィシャルで確認してください。https://img.myna.go.jp/html/dousakankyou.html

また、ブラウザに応じた「マイナポータルAPをインストールする必要があり、Chromeのみ拡張機能「マイナポータルAP」も併せてインストールする必要があります。

ここまでが下準備となります(ここまででもういいいやという気分になります..)


ログインはマイナンバーカードをセットして「ICカードリーダーでログイン」をクリックすると(初回は「利用開始」からアカウントを登録)、パスワード画面が出ますので、カード作成時に設定したパスワードを入力するとログイン完了です。

PCからのアクセス方法に「2次元バーコード(QRコード)でログインする」という方法もありますが、これをするには対応するスマホを使用するため、スマホでログインしたほうが手軽なので割愛します。

スマホでマイナポータルへログインする方法

スマホでのログインに必要なもの・準備

  1. マイナンバーカード
  2. 対応しているスマホ
  3. スマホアプリ「マイナポータルAP


スマホでログインするには、対応しているスマートフォン(iPhone含む)であるかを確認した上で、まず、アプリストアで「マイナポータルAP」をインストールしておきます。

①「マイナポータルAP」を開いて「スマホでログイン」を選びます。
②パスワード入力画面になるのでパスワードを入力します。
③「読み取り開始」を押してマイナンバーカードにかざします。
④ログイン完了です

パソコンにくらべてすごい楽です!情報を参照するときなどには圧倒的にスマホでログインが楽です。

やったことはありませんが、申請やダウンロード等にはパソコンでログインする必要があるのかな、と思います。



まとめ

現状マイナポータルへログインするには、スマホでのログインが手軽でおすすめです(アカウント登録はPCからのみかな?)。

また、給付金に関しては本当にマイナポータルを使うのかもまだ定かではないのですが、ログインできる環境にある方は予行練習としてログインしてみると、イザというときに焦らず済むでしょう。

マイナンバーカード・国民総背番号反対!だとか文句を言う人は一定数いますが、そういった人はやましい事がある方たちなので、普通の人は作っておいて損はありません。持っていない人は世間が落ち着いてから作っておきましょう。