[イラレ] 文字を打つと英数字の前後に変なスペースが空くのが気になる【初心者向け】

  • 2020年3月27日
  • DTP
DTP

Illustratorで文字を入力して見てみると、英数字や約物【、。「」など】の前後に微妙なスペースがあいてしまうのが気になったことはあると思います。

これはCSシリーズからDTP界隈では改悪とされている「約物半角デフォルト」です。これに対処する方法を説明します。

ひとまず和文英数を混ぜて打ってみる

和文に英数を混ぜて打ってみると、上のように赤いラインを入れた部分がいわゆる「気になる部分」かと思います。

細かく言うと半角(2分)の半分、”4分アキ”です。

この文字の並び方を設定しているのが、[ウインドウ][書式][段落] にある[文字組み]の項目です。

この項目にデフォルトで入っているのが「約物半角」で、これは約物まわりで半角(50%2分)の設定と、約物でなくても(25%4分)アキをつくる設定になっていて、これが原因で微妙なスペースが空いてしまっているのです。

この原因を取り除いていきましょう。

「ツメ」の文字組み設定を作る

一番いい方法はツメの文字組み設定を作ってしまうことです。設定を作るのは簡単なので後々楽なので作ってしまいましょう。


①[ウインドウ][書式][段落]を開く

②[文字組み]のプルダウンを押して[文字組みアキ量設定]をクリックします

③デフォルト[約物半角]の設定が表示されるので、[新規][“ツメ”]とう名前をつけて[元にするセット:約物半角]でOKを押して編集をします

④入っている数字をすべて”0%”にして[OK]を押して保存

「文字組み:ツメ」で打ってみましょう

ご覧の通り、文字間のアキがなくなってまとまりましたね。

この設定での文字組みで困ることは初心者の場合ほぼありませんし、この設定のほうがなにより見た目がいいです。

後々、設定が必要な場合も発生することもあると思うので、上の手順は覚えておいて損はありません。

「文字組み:なし」と何がちがうの

文字組みの設定に「なし」というものがありますが、これは「約物が全角扱いになる」と考えてもらっていいと思います。

まるでWEB表示です。約物類はツメた方がスマートに見えると思います。

まとめ

このようにデフォルトで変なスペースを潰す方法を解説しましたが、また新規ファイルを開くと「約物半角デフォルト」に戻ってしまいます。

次回はデフォルトでこの「ツメ」設定を使用して快適にしよう!という方法を解説したいと思います。

それではよいイラレライフを!