怪しいURLを開かずにスクショで確認できる「aguse」の利点と注意点

誰しも受け取る厄介な迷惑メール。これは不特定多数にランダムに送っているのである程度同じアドレスを使っていると目にしたことがない人はいないモノかと思います。

最近では有名企業を騙りフィッシングサイトへ誘導するなど非常に手が込んでいて厄介な存在です。
配送業者になりすましたり、ショッピングサイトを騙ったり、騒ぎに乗じて「マスク注文の確認」なんていう時期的に心を動かされてしまいそうになる巧みな騙しテクニックを使ってURLに案内させるなど枚挙に暇がありません。

そのURLを自分のブラウザではなく、webサービス経由で開いて確認できる「aguse.jp」というWEBサービスがあります。

■aguse.jpとは

agues.jpの説明には”あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。”とあります。

試しに迷惑メールだらけで使っていない、某WEBメールからURLを引っ張ってきて試してみました。

こちらはフィッシングではなく、スクショで見る限り出会い系的なサイトでした。
“その他の情報”には「送信者ブラックリスト」に入っているスパムアドレスである旨が注意マークがついていました。

■利用時の注意点

お!試してみよう!と思った方はちょっと待って下さい。
試す前に気をつけないといけない事があります。

それはURLに乱数やポート番号、サブドメインに固有の数字や単語など、送ったメールアドレスが「生きている」アドレスか確認するIDが埋め込まれている事がほとんどです。

アドレスが生きているとなるとどうなるか?
そうです。スパムが大量に来ます。
スパムだとわかっていても踏んではダメです。

詳しく解説されている記事がありましたのでリンクしておきます。

■ちょっと待った! SPAMで届いたURLを aguse Gateway で覗くのは危険だ!

迷惑メールの共有サイトでもこの乱数(ID)部分を消さずに載せてしまっている方が大勢います。誰かがアクセスしてしまったら逆にスパムが増えてしまう結果になってしまいます。

■まとめ

aguseは非常にありがたいツールで、不特定多数に踏ませる目的(某巨大掲示板の書き込み)などには有効かもしれませんが、個人的に来た迷惑メールのURLチェックには使わない方が安全です。

基本ですが身に覚えのない迷惑メールは無視が一番です!