IllustratorでアニメーションGIFをつくる【Photoshopも使うよ】

DTP

かんたんなアニメーションGIFの作成を、Illustratorで素材を作ってPhotoshopでサクッと作成する方法をご紹介します。
単純にペラを繰り返すバナーなども同じ手法で作成できます。

今回はパンダをうごかす

今回はこちらのパンダが歩いているアニメーションGIFを作成します。
動きとしては今回は4コマです。

  1. 右足を出す
  2. 真ん中にもどる
  3. 左足を出す
  4. 真ん中にもどる

これら4コマを繰り返すアニメーションGIFを作ります。

GIF化の手順

①パラパラマンガの要領でレイヤーごとに分けて作成する
※この時に非表示にしているレイヤーは保存されないので、必要なレイヤーは表示状態にしておく


②PSDに書き出す(1)
[ファイル]→[書き出し]→[書き出し形式…]から[ファイル形式]を[Photoshop(.psd)]にして名前を付けて保存する。


③PSDに書き出す(2)
Photoshop書き出しオプションが出るので[レイヤーを保持]を選択する。他の項目は用途に合わせて任意で設定する。


④Photoshopで開く
Illustratorで作成した通りのレイヤーになっている事を確認する。

⑤タイムラインのパネルを開く
タイムラインのパネルが出ていない時は[ウインドウ]→[タイムライン]で開く。


⑥フレームアニメーションを作成する
タイムラインパネルの真ん中にある🔽を押して[フレームアニメーションを作成]を選択してクリックする。


⑦レイヤーごとにコマを分ける
タイムラインパネル右上にあるメニューから[レイヤーからフレームを作成]をクリックする。


⑧コマの表示秒数を設定する
コマの下にある[0秒]の箇所をクリックしてコマを表示させる秒数を設定する。(今回は全部選択して一括で0.2秒にしているところです)
下の再生ボタンで確認ができます


⑨書き出す(1)
[ファイル]→[書き出し]→[Web用に保存(従来)]


⑩書き出す(2)
Web用に保存ウインドウが出るので、ファイルタイプを[GIF]を選択して保存する。他の項目は用途に合わせて任意で設定する。


【完成!】


 

手順を覚えれば、かんたんなコマアニメーションGIFであればささっと出来てしまうので、Illustrtor派の方は直感的に作業できる方法と思います。
タイムラインパネルでは、アニメーションをフェードして切り替える方法や、ムービーとして作成する方法もありますが、それは、また、べつの、おはなし。

よいIllustratorライフを!